一番人気だったお席とご常連様の話

ルーチェで一番人気だったお席は、大きな窓からオリーブの木が見える場所です。

こちらの床は天然大理石で作られており

イタリア製の照明が優しくお席を照らしてくれていました。こちらのお席をリクエストされるお客様は大変多かったのです。

しかし中にはこちらのお席が苦手なお客様もいらっしゃいました。

80代のご常連のお客様です。背筋が伸びて

ご立派な方であり、ちょっと厳しいお方です。ここの店に来続けている理由のひとつとして、客席に調理場の匂いが全くして来ないからだとのこと。この建物は気密性がとても高いと仰いました。私は建築関係の仕事をしていたから分かるんですよ、他のレストランに行った時、ポテトフライの匂いがしてもう行きたくないと。

「そんなこと言ってるから、行ける店がなくなるでしょうよ、まったく」と苦々しいお顔をする奥様。

昔、こちらのお客様に一番人気のお席にご案内しましたところ「なんだい、この席に案内するなんて」と仰いました。

予想外の反応です。

「一番人気があろうと、眺めが良かろうと、私はこの席は好きではないですよ。外から見えるではありませんか」とお客様。

「意外と、外から中は見えないですヨ」と私。

あいにく他のお席は埋まっていました。

しかし、次からはそのお席にそちらのお客様をご案内することはありませんでした。

お客様が仰いましたことはずっと覚えています。

お小言を仰いながらも、長年お越し下さいましたお客様。

いつか写真がお嫌いな奥様をこっそりご主人様は写真を撮っていました。

「あなた、なにやってるの!」と静かにご主人様を叱る奥様。

「いやいや、これは本当に遺影の為の写真を撮ったんですよ。まだ必要はありませんが、いつかは必要になります。写真が嫌いだというから、妻の写真はほとんどないのです。今日は意を決して撮って見ました」と笑顔で私に教えて下さいました。「ルーチェで撮ると決めていたんです」と。

ルーチェではご記念日や同窓会や記念のお写真を撮影されているお姿は数え切れないほどございましたが、遺影の写真をお撮りになる姿を拝見したのは初めてでした。

それもまた、愛の形なのですね。

凛としたお客様です。

まだまだずっとお元気でいらして下さい😊

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中