美味しいボロネーゼソースの作り方


挽き肉に塩・胡椒を振って弱火で炒めていきます。肉の水分がジワジワと出てきますので、水分を飛ばして味を凝縮するイメージで。これをサボるとぼんやりした味になります。緑の葉っぱはローリエです。香り付けもしてくれて、防腐効果もあります。

別鍋で玉ねぎ・人参・セロリのみじん切りを塩をふってから炒めます。塩をふる事によりって水分が出やすくなり、野菜の甘みとコクを引き出す事が出来ます。

このまま食べても美味しい味になりました。

缶詰めのトマトをミキサーにかけてから投入します。イタリアのサン・マルツァーノ種のトマトを使った缶詰めが美味しいようです。


弱火でコトコト煮込みます。焦げ付きやすいので、たまにかき混ぜてあげます。表面にオレンジ色の脂分が浮いていたら出来上がりのサインです。

ボロネーゼソースはいわゆるミートソースの事ですので、私達日本人にとって最も馴染み深いパスタソースのひとつです。小分けして冷凍しておけば、いつでも使えてとっても便利。パスタに合わせるのはもちろん、茹でたペンネと和えてチーズをかけ、オーブンで焼けばグラタン風に。

美味しく作るポイントは挽き肉、野菜をそれぞれにそのまま食べても美味しい味にする事。日本は水の国ですので、野菜も水分が多くてぼやけた味になりがちですし、家畜類も暑い夏には水をたくさん飲むので味が薄まりがちです。不要な水分を飛ばして味を凝縮する。これが美味しいボロネーゼソースの秘訣なのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中