マッケローニ アッラ キタッラ


仔羊のラグーソースを作っています。香味野菜とワインにじっくり漬け込んだ仔羊肉を角切りにして、ブイヨンとトマトソースでコトコトと煮込んでいるところです。

このインパクトの強いソースに合うパスタは、中部イタリア・アブルッツォ州の伝統的な手打ちパスタ、マッケローニ アッラ キタッラでしょう。キタッラとはギターの事で、このパスタを作る時に使う専用の器具の事を指します。

こちらがキタッラ。イタリアで購入しました。

パスタ生地をこねてから・・

パスタマシンでシート状に伸ばします。

キタッラにはピアノ線のような弦が張ってあり、これにシート状の生地を押し付けて麺状にカットします。

キタッラの特徴は、弦によって鋭くカットすることにより、麺の断面が正方形になることです。太めでしっかりしたコシのある麺は独特の舌触りがあります。肉のラグーソースやトマト系のソースなど、こってりしたソースに良く合います。


仕上がりがこちらです。「仔羊のラグーソース和え、マッケローニ アッラ キタッラ」アブルッツォ州の定番のパスタです。かつて、アブルッツォ州アクイラを訪れ、アグリツーリズモという農家民宿にお世話になった際に、おばちゃん達に混じってキタッラを打ち、ラグーソースで食べた思い出の料理です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中